2023年1月20日

ダイエットの意味勘違いしていませんか?〜痩せるだけじゃない〜

こんにちは!

ganbaru gym(ガンバルジム)の太田です!

 

本日は「ダイエット、身体作りとの関係」についてお話していきます!

 

 

そもそもダイエットの定義とは

 

ダイエットとは「痩せる」や「体重を減らす」といったイメージが強いかもしれませんが、本来の意味としては「日常の食事」「食生活」といった意味合いがあります。

それを今の日本では、「ダイエットをする=痩せる」というように広義的な意味で使用されることが多くなっています。

 

本来のダイエットの意味から考えて、痩せるだけがダイエットでは無いということを声を大にして言いたいです。

もしかしたら人によっては、適正体重にすることも必要かもしれません。

ですが私が考えるダイエットとは、「本来必要な栄養素を適量摂る習慣」ということだと考えます。

その習慣によって勝手に落ち着く体型や体重をまずは作り、そこから好みや理想の体型に応じてカスタマイズしていくことが、「ダイエット→ボディメイク」と考えても面白いのではと考えます。

 

 

メンテナンスカロリーを知ろう

 

ダイエットで健康的かつ適正な体型や体重にするために、まずはメンテナンスカロリーを把握することが重要です。

メンテナンスカロリーとは、そのカロリーなら太りもしないし痩せもしない、消費カロリーと摂取カロリーの収支のバランスが取れた状態のことを言います。

 

メンテナンスカロリーは、性別や筋肉量、年齢等によって変化し続けます。

またその時の代謝環境や腸内環境でも変化するため、正確な数値を把握することは難しいです。

ですがある程度の目安を作って、それに沿ったプラン作りはダイエットやボディメイクを円滑に進める助けになります。

 

例えば「omni calculator」というサイトを使っておおよそのメンテナンスカロリーを知ることが出来るので、それをベースにまずは1週間そのカロリーに沿った食事プランで過ごしてみましょう。

https://www.omnicalculator.com/health/maintenance-calorie

 

 

ダイエットからボディメイクへ

 

そこから体脂肪を減らしていきたいのなら、男性であれば-200〜300kcal、女性であれば-100〜200kcalをメンテナンスカロリーから少なくした値で過ごしてみてどのような変化があるか。

そのような形でピッタリその数値やプランで過ごすことは難しくても、一つの基準は持っておくだけで理想の状態へ近づけていくことが可能になります。

 

そこから代謝をアップさせるのに必須とも言える筋肉を増やしていくには、ウエイトトレーニング(無酸素運動)がベースになります。

そのウエイトトレーニングの中で、シンプルに以前よりも1kgでも重い重さ、1回でも多い回数を対象とした筋肉を使ってトレーニングを行う。

そのような前回よりも少しでも強い負荷を身体に与える「漸進性過負荷の原則」に乗っ取った形でトレーニングを継続することで、筋肉量を増やすことが可能になり、女性であれば引き締まった見た目を作ることに繋がります。

 

 

まとめ

 

まずは適正なカロリーの把握、それに沿った食習慣を作ることが”ダイエット”に繋がることになります。

その上で筋トレや日常的な運動量のアップで、自分に合った形にカスタマイズしていきましょう!

ただ難しく考え過ぎずに、よしこれからダイエットをするぞ!と意気込んで行うよりも、睡眠時間を増やす、少し運動する時間を増やす、毎食タンパク質を摂るように心掛けるというような取り入れやすいアクションの方が、自分自身のセルフケアに繋がり、結果的に今よりもヘルシーな体の状態に持っていくことが出来るかもしれません。

短距離走のイベント的な感覚は捨てて、長距離走のような長い目で見て継続出来る方法を作っていきましょう!

 

現在ganbaru gym(ガンバルジム)では通常5,500円の体験トレーニングを今なら「無料」でご体験いただけます。

体験をご希望の方は下記の公式LINEもしくは公式HPよりお気軽にお問い合わせ下さい!

公式LINEはコチラ